「いじめを考えたい」現役教師出演の舞台

スポンサーリンク

「親の顔が見たい」続報

親の顔が見たい公演のイメージ画像です

ご支援ありがとうございました。

幸区にゃんだふる通信に掲載していただき、おかげさまで「親の顔が見たい」は、5ステージの公演を無事終えることができました。クラウドファンディングでご支援いただいた寄付で小中高生を147名招待できました。またその保護者の方々も含め、700名以上のお客様に見ていただきました。

親の顔が見たい公演のイメージ画像です
親の顔が見たい公演のイメージ画像です

招待した小中高生に、コメントを書いてもらいました。

親の顔が見たい公演の小中学生の感想イメージ画像です

高校生から

親の顔が見たい公演の高校生の感想イメージ画像です
  • 第一発見者の先生の印象が、最初はすごくそこぬけに明るいと思ったけど、むりして笑っているとわかると、とても痛々しく見えました。
  • 今回、人生でほぼ初めて(しっかりとした)演劇を見させていただきました。とにかく圧倒されました。登場人物一人一人のストーリーや人間性が作りこまれて、さらにそれを忠実に演じていて、すごいなと思ったし、考えさせられました。
  • いじめられてた経験があるから、軽い気持ちでは見れなかったけど、大切なことがたくさんつまった劇だと思いました!

中学生から

親の顔が見たい公演の中学生の感想イメージ画像です
  • すてきな舞台をありがとうございました。とても考えさせられる劇でした。自分の事とかさねあわせて、とても現実味がありました。
  • とてもよかったです。私個人の感想ではありますが、先の展開をあまり読めなかったのは初めてでした。みなさんとても演技が上手で、ついつられ泣きをしてしまいました。
  • とてもわかりやすかったけど、ちょっと難しい内容だったので、いろんな気持ちになりました。

小学生から

親の顔が見たい公演の小学生の感想イメージ画像です
  • 見てよかった。いじめられたくない。いじめをしたくない。
  • いじめをするといいことがないと思った。親は、自分の子がわるくないというのはあたり前だと思う。
  • かんどうしました。ほんとうにそのげんばにいるかんじがしました。はくりょくがでててよかったです。とってもこえがでてました。とてもじょうずにできていました。
  • うそをつかない。家族とのコミュニケーションが大事。
  • いじめの重大さや、お父さん、お母さん、先生がこんな気持ちで子どもを思っているんだと感動しました。

(以上、campfireサイトより)

「親の顔が見たい」は、これからも上演し続け、たくさんの方に見ていただきたい作品です。9月16日(水)から22日(火祝)まで、小田急線「千歳船橋」駅前のAPOCシアターで、上演が決まっています。同じく、まんぼによる演出です。