頑張るママさんの身体の悩み〜肘内障編〜

頑張るママさんの身体の悩み 肘内障編のイメージ
スポンサーリンク

肘内障について

「肘内障」とは、一体どういう症状なのでしょうか?

進士先生
進士先生

肘内障(ちゅうないしょう)と言ってもあまり聴いたことがない病気だと思います。俗にいう「肘(ひじ)が抜けた状態」のことです。肘内障とは橈骨という骨がごくわずかに亜脱臼を一時的に起こした状態を言います。

肘内障の原因

肘内障の原因は親御さんなどが子供と手をつないでいて、子供が突然勢いよく走り出し、意図せずして腕を引っ張ってしまい、抜けてしまうことが非常に多いです。あと子供が転んで手をついた時や、寝返りなどでひねってしまった時と多岐に渡ります。症状としては突然泣き出し、痛めた方の肘を使おうとしなくなり、また触れられることを嫌がります。

進士先生
進士先生

子供はどこが痛いか聞いても肩や、手首を指さす場合が多いです。腕はだらりと垂れ、内側を向いたようになり、手の平を反せなくなります。特に男女差はなく、歩きはじめから6才くらいまでの子供で、好発年齢は1才~3才の幼児に最も多く起こります。

もし肘内障になってしまったら?

痛がっている子どもに対して家庭ではどう対処すればよいでしょうか?

進士先生
進士先生

もし肘内障になってしまったら、すぐに整形外科、小児科、整骨院などを受診してください。最近ではネットで肘内障の整復方法などがアップされていて、親御さんが整復してしまうことがあるようですが、失敗して完全脱臼になってしまう可能性もあり、非常に危険ですので止めて下さい。ご家庭では不用意に腕を引っ張ったり、片腕だけで持ち上げたりなどしないよう注意してくださいね。

肘内障での後遺症について

「肘内障」による後遺症は、残るのでしょうか?

進士先生
進士先生

肘内障での後遺症は基本的にはありません。ただし、一度、肘内障になってしまうと抜けやすくなる場合があるので手を強く引っ張らないように注意しましょう。6才以上になると靭帯がしっかりしてくるのであまり再発は起こりません。もし、10才を過ぎても繰り返すようなら、違う原因がある可能性がありますでの、整形外科を受診しましょう。

整骨院での対処について

痛がっている子どもを整骨院に連れて行くと、対処していただくことは可能ですか?

進士先生
進士先生

はい、可能です。関節を元に戻す整復は比較的、簡単に出来ることが多いです。完全に整復されると子供はすぐに肘を曲げたり伸ばしたり出来るようになります。しかし、子供が一人で遊んでいたり、友達と遊んでいる時など原因がはっきりわからないこともあります。このようなときは腕の骨折や鎖骨の骨折などがないかしっかりと診させていただきます。もし肘内障になってしまったら私達プロにお任せ下さい。