幸区盛り上げ隊×トヨタモビリティ神奈川さま コラボキャンペーン第3弾!

ただいま、洗車時に「にゃんだふる通信12号」を川崎元木店・新加瀬店・鹿島田店でご提示いただくと、WAX洗車が無料でご利用頂けます!

詳細はこちら
スポンサーリンク

頑張るママさんの身体の悩み〜膝痛編〜

頑張るママさんの身体の悩み 膝痛編のイメージ

出産前は何ともなかったのに・・

進士先生
進士先生

「産後しばらくしてから膝が痛くなってきた」「階段の上り下りの 時に膝が痛い」「立ち上がるときやしゃがみこむときに膝が痛い」「オムツの交換の時に膝が痛い」といった子育てママが多くいらっしゃいます。

何故、膝が痛くなるのでしょうか?

進士先生
進士先生

育児で余裕が無いところに痛みで生活が制限されてしまうのは本当に辛いですよね。産後の膝の痛みは、主に次のような原因によって起こると考えられています。

産後の膝痛みの主な原因

太ももの筋肉の疲れ

産後は赤ちゃんを抱っこします。この時太ももの前面に大きな負荷がかかります。この動作を毎日くり返すことで、筋肉が疲れ、膝にかかる負担が大きくなり痛みがでます。

ホルモンの影響

出産をスムーズにするためのリラギシンというホルモンがあります。このリラギシンは、関節や靭帯を緩める作用があり、骨盤だけではなく、全身の関節に影響しますので膝にかかる負担も増えるのです。(出産後、3ヶ月ほどでリラギシンの分泌は止まります。

妊娠中の体重増加

妊娠中に体重が10㎏前後増え、知らず知らずのうちに膝に負担がかかっています。その負時が産後の膝の痛みを引き起こすことがあります。

育児による膝の負担

産後は、毎日抱っこや、赤ちゃんと遊んだり、オムツ替えなど、床から立ちあがる機会が増えます。床から立ち上がる際は体重の3~4倍が膝の関節にかかると言われています。そこに赤ちゃんを抱っこし手を使えないなかでの立ち上がりは、さらに足にかかる負担は大きくなります。

産後に膝の痛みを感じたら

これらのいずれかが原因となっていることが多いので、しっかりと対処していきましょう。

産後の膝の痛みはどう対処すれば良いか?

進士先生
進士先生

腰~足のストレッチが効果的です。特に、太ももの前面にある、大腿四頭筋をしっかりストレッチして下さい。次にあう靴を履く。ヒールなどは避け、極力スニーカーを履くように心がけて下さい。

体を歪ませないように、座り方などにも気を付けましょう。お姉さん座りと言われる座り方や、崩した座り方、正座も膝に負担がかかります。クッションを引いてあぐらをかくか、イスなどに座るようにして下さい。痛みがひどいときや、腫れていたり、熱をもっているときは、私達プロにお任せください。